オススメYouTuber

SNSフォローボタン
うろたをフォローする
未分類

今年1年振り返って思うのは、ともかくYouTubeの視聴時間が多かったです。

移動中はもちろんのこと、入浴中も、ピアノの練習中もずっと観ていました。

当然のことながらプレミアム会員です(コスパ最高のサブスク!)。

ちなみにピアノの練習は基本的にスケールとアルペジオをルーティンでやっているだけなので、目線と意識はipadの画面に釘付けでもまったく問題ありません。

というわけで、本当によく観ていたので、特定のYouTuberさんのファンになってしまったりもするわけです。

例えばビジネス系。

やや右肩下がりなジャンルとなっていますが、いま一番熱いのは青汁王子さんのチャンネルですね。

すごくお金持ちなんだろうけどイヤミのないキャラなのでずっと聞いていられます。

「インフルエンサーが自分で商品を持つのが一番強いビジネスのやり方である」といったような経営者目線のコメントが面白かったり、「アフィリエイトをやればネット広告の仕組みがわかる」といった発言なども興味深いです。

日本の税制は金持ちに厳しい!といったような発言も個人的には新鮮に聞こえました。

これまでどちらかと言えば、「累進課税でお金持ちからたくさん税金を取って、所得の再分配をすべきだ!」というような意見を耳にすることが多かったので、お金持ち側からの意見を聞くと、とても新鮮に感じるわけです。

まあ民主主義というのは、みんなに少しずつ我慢や負担を分け合ってもらうような仕組みですから、構造的に皆が不満を持つのが当然ではあるのだと思いますけど。

そのほかにavexの松浦会長のチャンネルなども面白いです。

私はジャンル分けには疎いのですが、「もの申す系」というジャンルがあって、これがなかなか刺激的で良いのです。

独自の意見で時事ネタを斬っていくようなYouTuberさんたちです。

その中でも抜群に面白いのが「ヘライザー」という名の女の子が運営しているチャンネルで、まだ20前後と思われるのに、確固たる価値基準で多くの大人を納得させるような意見を言うんですね。

独自のキャラクターを確立している上にギャグセンスが高く、それだけで面白いんですが、言うことに筋が通っていて説得力がすごい。

「そんなに若いのになんでそんなこと知っているの?」っていうくらい知識が豊富なので、裏に別の(年配の)作家がいるんじゃないか?とも言われていますが、そんなことどうでもよくなるくらい面白いです。オススメです。

スマホなど通信系の情報を提供してくれるスマサポチャンネルなどは有名なのでここで取り上げる必要もないでしょうか。

ガジェット系のトーマスガジェマガさんなどもよく見ます。

あと最近まで知らなかったですが、ひきこもり系YouTuber(?)の小森ひき子さんという方のチャンネルにハマっています。

この方に衝撃を覚えた理由というのは「ひきこもり」という言葉を再定義するような存在だからです。

デイトレーダーとして成功しているようで(怪しい感じがするけど、見ていると不思議と違和感がなくなってくる)、タワマンに住み、2週間に一度くらいのペースでしか外出せず、部屋で多くの機器とゲーミングモニターに囲まれて、悠々自適に生活する様子が映し出されるのです。

企業に属さず、パソコン一台で収入を得て、余計な人間関係を捨て、世の中と適度に距離感を保ちつつ、ゲーム・読書・勉強・投資などに時間を有効活用して暮らす、という姿は、「ひきこもり」の再定義だと思いました。

「ひきこもり」こそが新たな時代のクールな生き方である、と。

素性がわからず、どこまで本当かわかりませんが、ともかくそういう生活様式こそが合理的でクールであるという方向性を明確に示していて、なるほどなぁと思わせてくれるわけです。

まさか「ひきこもり」がカッコいい時代が来るとは思いませんでした。

彼女は裕福に見えますが、成金趣味はないようで、自慢っぽい感じはまったく出さないです。

中には案件動画などもあり、稼ぐことをゲーム感覚で捉えているような印象を受けますね。

ビジネス系のマナブさん(今はYouTuberをやっていないですが)、とかに近いのかなぁ。

というわけで色んなYouTuberさんを観た一年でした。

私のチャンネルは最後まで鳴かず飛ばずでした。泣

来年も気が向いたらブログ更新したいと思いますー

今年もお疲れさまでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました